読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デミオについて

マツダDEMIOのある暮らし。

エンジン・トランスミッション

ギヤを1速に入れ、エンジンはアイドル回転で走ります。

そのときの車速が9km/h。

2速では16km/hとなります。

 

高速道路でよくある渋滞で、前に続いて走る速度が4〜6km/hです。

これはつらい。

クラッチをちょっとつないでは離すという操作を続けなければなりません。

少し流れたらクラッチをつないで左足を休ませることができない。

 

また、この車はクラッチをつないでエンストしそうになると、自動でスロットルを調整し、加速します。

 

それはもう、ぐんぐん加速し。

 

渋滞以外ですと、職場内道路やショッピングセンターの駐車場がつらい。

15km/hくらいで滑らかに走らせたいのに、1速だと遅くて、2速だと速い。

仕方無く1速でスロットルを調節して走るのですが、これがまた酷く大きな減速比で、ちょっと右足が動くと車がガクガク。

 

アイドル回転が速すぎることと、1速のギヤ比が適切では無い事が原因ですが、これには仕方の無い事情があるのだと考えられます。

 

1速の変速比をこれより小さくすると、坂道で発進する出力が得られないのが理由だと考えられます。

ならば、せめてアイドル回転を遅く出来ないのかと考えるのですが、ぼくが想像できない事情があるのでしょう。

 

1速と2速の変速比についても、何か事情があるのかも知れません。

しかし、果てしなく使いづらい事実があります。

 

エンジンのバルブスプリングを交換したら劇的に改善しましたが、使いづらいという点では変化がありません。