読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デミオについて

マツダDEMIOのある暮らし。

デミオの床下に制振材を設置

高速走行時のロードノイズが気になるので、床下の制振を検討してみた。

 

納入された時点で、塗布型の制振材が設置されていたが、それ以外の部分へカルムーンシートを貼り付けた。

 

それだけでは無く、発泡NBRの10mm厚を敷き詰めました。

ちなみに、内装は10mm浮きます。

きれいには収まりません。

 

元々メーカーでの対応が十分であり、それ以上追加したところで構造上の限界を迎えるだけです。

言われても違いが分からないのじゃないでしょうか。

どうしてもやりたいという人も居るでしょうが、フロアマットの下に発泡NBRを敷くに留めるのが賢いと思います。

効果は同じです。

 

発泡NBRは、車のドアに使われているウェザーストリップの素材です。

遮音性能はそれなりにあり、柔軟性が高い施工のしやすい物です。

トランク部へ20mm厚の物をピッチリ敷きましたが、こちらはとても静かになります。

 

シート下はメーカーで十分な対策を施されていますが、トランク部はトノカバーがあるので、その遮音性能分を手抜きをしてあります。

発泡NBRのシートは厚いほど良いですが、20mmを設置できるのはトランクくらいです。

他は内装が収まりません。

リアシート下も10mmの発泡NBRで包み込みました。

やってから思ったのですが、全く効果も意味もありません。

10mmの発泡NBRは遮音性能が低く、自動車に使ってもさほど得るものがありません。

 

床に15mmくらいの硬質ウレタンを敷き詰められたら最高なのですが。